ムダ毛処理のこつ

ムダ毛処理にコツってあるのでしょうか。
考えてみました。私なりのコツをまとめてみます。

■腕
腕は夏場の季節、特に気になる場所ですよね。
カミソリでケアする人が多いのではないでしょうか。
お風呂に入って、肌をしっとりさせたあとに、クリームなどを使って処理するのがいいのではないかと思います。
二の腕のほうに生えたムダ毛を忘れがちなので気をつけましょう。

■ワキ
ケアする体勢が辛く、冬場は寒いですよね。
ここをカミソリでケアすると、生えてきたときポツポツと黒く見えるのが困りますね。
私はもっぱら毛抜きで処理しています。

■デリケートゾーン
私は、この場所の処理はサロンに行くのがいいのではないかと思います。どの場所よりもデリケートで敏感な場所。
傷つけてしまうと、色々と大変です。
プロにお願いしたほうがキレイにケアすることができますよ。

いかがでしたか。
私なりのコツをまとめてみましたが、これらのことを参考に、あなたにあったケアをしてみてくださいね。

眉毛処理の不思議

学生の頃、暇さえあれば眉毛の処理に明け暮れていたように思います。
ムダ毛の処理にも必死になっていましたが、眉毛ほどではなかったのではないかと。
今、考えてみたらどうしてあんなに立川の銀座カラーでの眉毛の処理に必死だったんでしょう。オシャレに目覚め始めて、一番気になる場所だったからでしょうか。
それとも、眉毛の処理をしていないのが、野暮ったくって仕方なかったのでしょうか。
今ではさっぱり思い出せません。

そして、ムダ毛の処理も眉毛と同じように必死だったはずなのに、ムダ毛は今も変わらず、すくすくと成長してきます。
しかし、眉毛はその数がずいぶんと減ったように思えるのです。

どうしてでしょうか。
同じ毛のはずなのに。
片方は毛抜きで抜くことで永久脱毛。
片方は関係なし。
何が違うのでしょうか。
福岡の顔脱毛が特別なのかと思ったのですが、しかし鼻の下のムダ毛は元気にスクスク育ちますよね。
欲しい場所の毛は生えてこず、いらない場所の毛はよく育つ。
ないものねだりをするなという身体からの警告か、はたまたワガママいうなということか。
不思議でたまりません。

やっぱり、カミソリかな

ムダ毛の処理、特に脇は毎日のケアになりますから、
当然、何を使うかよくかんがえますし、いろいろ試してみたこともあります。

昔は、塗ってしばらくおいておくと、毛根から簡単に毛が抜けてくるというクリームがあり、
試してみましたが、医療のVIO脱毛はものすごい臭いの上にかなり時間がかかるし、
時間が経つに連れて、チクチク痛くなってくるしで、
二度と使いませんでした。毛根あたりも、痛みで赤くなってしまって大変な思いをしました。

いつもの事となると、お風呂で簡単に使えるカミソリが、1番楽なので
いつも使っています。

でも、黒く点々と毛の生え際が、残るのはやっぱり気になります。

他にお手入れのIラインができる方法があるといいのですが、今のところまだ出会えません。

電動のシェーバーも、持っていますが、
お風呂の中で使えないのと、準備が面倒なのとで
毎日は使う気にはなれません。

ローションで、塗っている間に毛が目立たなくなるというのも、
使ってますが、効果はイマイチかなって感じです。

カミソリでのムダ毛処理

ムダ毛は気にはなるけれど、脱毛サロンに行く勇気は無く、いつもお風呂場で自己処理します。
肌の負担を軽減するため、2日に1回の回数のVIO脱毛に留めて、カミソリで行います。

まずはシャワーで体を濡らし、ボディーソープをよく泡立て、肌に乗せます。
洗顔フォームのように、手のひらで空気を含ませながら泡立てると、モコモコの良い泡ができます。
その泡を乗せた状態で、カミソリで剃っていきます。
翌日に足を露出するとか、ソースリーブを着るような予定がある場合は、しっかり剃るのですが、特に何もなければ多少の剃り残しは気にしません。
何度もカミソリを当てると肌が傷むからです。
剃り残しは、諦めて次回のお手入れまで持ち越します。

正直、自宅の永久脱毛なんかでしっかり処理してしまいたいという思いはあるのですが、お金と時間の余裕が無いというのが現実です。
しばらくはカミソリでの自己処理を頑張っていきたいと思います。

いつか、お金を貯めて、きっとプロのサロン脱毛を受けてやる!というのを目標にしています。

5枚刃シェーバーの性能

私はシンプルに1枚刃のカミソリでムダ毛処理をしています。
前に、福岡 全身脱毛に行く前に4枚刃を使ってみたこともありますが、確かにそり心地は良いけれど、使用後のお手入れの面倒さに疲れてしまいました。
ムダ毛部分にクリームを塗った後に剃るという処理で、刃の間には、毎回ムダ毛とクリームが溜まってしまうので、洗い流すだけのケアではキレイにならないのです。
でも、1枚刃だと簡単に手入れできるのが楽ですよね。

渋谷のミュゼみたいにキレイに仕上がるのは4枚刃のほうだったので、どうすれば良いのかな・・・と悩んんでいた時、5枚刃で、しかもソープが付いているというタイプのものを発見しました。こういったのを探していたんですよ。
シェーバーを濡らすだけで泡立ち、手軽に使うことができるので楽ですよね。
クリームを使う必要がないから、使用後のお手入れも簡単です。
剃り心地、処理後の肌状態ともに抜群で、泡の香りもほんのりバニラの甘い香りなので、ムダ毛処理タイムが癒しに変わりました。
5枚刃のシェーバーは、さすがの性能ですね!